脂肪溶解注射(メソセラピー)

脂肪溶解注射(メソセラピー)とは

脂肪溶解注射とは、簡単に言うとその名の通り注射により脂肪を溶かすことです。

注射のイメージ

もう少し具体的に言うと、痩せたい部位に薬剤をダイレクトに注入し、ピンポイントで溶かし排出する治療(痩身法)のことです。(痩せたい部位の皮下脂肪を減らす治療)

メソセラピーダイエットとも言われたりしています。

従来は痩せたい部位をピンポイントで部分痩せをしたい場合、脂肪吸引による治療が主流だったのですが、メソセラピー(脂肪溶解注射)は注射するだけという手軽さ且つ安全性の高い治療のため、現状は次第に広まっている新しい痩身法と言えます。

簡単に言えば、注射で手軽に出来るダイエットとも言えなくもないです。

使用する脂肪溶解剤は、高脂血症や脂肪肝などの治療に使われる薬剤(医薬品)です。

人気の理由としては、いったん脂肪細胞の数が減少するとリバウンドしにくくなる(体質改善)という特徴と、手軽&短時間10分程度の上、体への負担も少ない(安全性も高い)点が挙げられます。(主成分であるホスファチジルコリンは、医療現場でも使われてきた成分今まで重篤な副作用の報告などはないようです)

また、施術当日から通常と同様の生活ができる部分は大きいです。

さらには、ある部分(バストなど)はそのままで取りたい脂肪だけ取るような部分痩せといったことも可能な点も人気の理由と言えるでしょう。

上記ポイントのまとめ(脂肪溶解注射のおすすめポイント)

・リバウンドしにくくなる
・安全性が高い
・手軽に可能(ダウンタイムもほぼない)
・部分痩せも可能

このような特徴がそのままおすすめポイントになります。

個人的には、手軽に部分痩せ可能という点が最もおすすめポイントです。

デメリットとしましては、ダウンタイムはほぼありませんが、注射の部位の内出血などが起きる場合もあります。

もちろん、時間の経過とともによくなり治りますが運悪く内出血が出てしまった場合はおさまるまで多少の時間がかかります。(数週間程度です)

また、効果を実感するまで時間がかかるため、治療は数回にわたることになります。

施術時間は短時間なので手軽な治療ではあるものの、複数回治療が必要となってきますので通院などの手間が若干かかります。

つまり、比較的手軽な治療とは言え、やはり「自宅で手軽にダイエット!」のような圧倒的な手軽さではないということになります。また、個人差がありますが効果を実感するまである程度の時間がかかります。

参考ページ脂肪溶解注射のメリットとデメリット

あとは注射ですので痛いと感じる方もやはりいるようです。その点も一つのデメリットと言えるかもしれません。※施術方法やクリニックにもよるかと思います。

脂肪溶解注射は以下のような方にオススメ!

・ピンポイントで細くしたい部位がある
・運動などのダイエットをするのが面倒または苦手
・出来るだけ手軽で効果的な治療がしたい
・リバウンドしやすい体質
・落ちにくいセルライトをどうにか減らしたい!
・脂肪吸引はしたくないなど

など

施術が出来ない方は?

・自己免疫性疾患(膠原病等)のある方
・心疾患の方
・大豆アレルギーの方
・妊娠中、授乳中の方

など

詳細は、施術可能な医療機関の公式サイトをご確認下さい。また、何か気になることがある方はクリニックの医師に事前に聞くようにしましょう。

当サイトは、この脂肪溶解注射について情報をまとめていく予定です。体験談なども集まり次第随時掲載していきます。

当サイトの考え方

このページの主な執筆者の考えとしては、「楽して痩せる!」というのは基本的にはないと思っているので、脂肪溶解注射はある意味夢の様な痩身法とも思っております。(※ある程度繰り返し治療が必要なので実際はそんなに都合よくいくわけではないです。)

ただ、これは治療をするという考えがあるからです。(※痩せたい部分の皮下脂肪を減らす治療という意味)

そのため、メソセラピーは一つの治療・痩身法であるということを再度頭に入れ、健康的にダイエットしていくということも是非今一度思い出してほしいと思います。

食生活の改善や、日々の運動なども取り入れて欲しいと個人的には思います。

当サイトではそのことを前提としまして、さらに脂肪溶解注射についての情報を専門に提供していく予定です。「2017年6月現在」

このページのトップへ