安全性について

安全性について

このページでは、脂肪溶解注射の安全性について簡単に解説致します。※また、注意したい部分についてはリスクについてのページを参照下さい。

当サイトのトップページやその他ページにて度々書いておりますが、脂肪溶解注射(メソセラピー)は安全性の高い施術です。

その名前(脂肪を溶かす注射的な)から様々な感じ方をする方もいるようですが、実際は比較的手軽に出来る治療です。

その理由を以下にいくつか書きます。

安全性について

・メスを使わない、手術ではない
・安全な薬剤(大豆由来など)を使用
・医療機関にて施術

上記の3点が主な理由です。

まず、体への負担が少ないという部分が挙げられます。

脂肪溶解注射は、メスを使わない施術かつ安全な薬剤を使用します。もちろん、医療機関にて行いますので上記を合わせて安全性が高いと言われています。

脂肪溶解注射の効果のページ(仕組みなども紹介)でも書いておりますが、薬剤は体内で溶解され最終的には尿などとともに体外へ排出されるためそういう意味でも安全だと言えるでしょう。

当サイトが特に注目するポイントは身体への負担がかなり少ない点です。脂肪吸引のような負担はありません。また、脂肪溶解注射(メソセラピー)は治療の時間が短いです。(施術時間は10分程度)

上で書いているようにメスを使用しないので体への負担はあまりない上に治療したその日からほぼ通常通りの生活が可能です。つまり、日常生活にはほとんど影響がありません。

私の周囲でもそうですが、脂肪吸引と間違えていたり、注射で痩せるという部分だけ見て安全性が気になる方もいるようなのですが、実際は安全で信頼性が高い薬剤を使用します。

使用する薬剤(主成分はフォスファチジルコリン:レシチン)は大豆由来成分です。

また、クリニックでの治療(勿論、適切に安全範囲内の量にて注射)なのでより安全性も高いです。現在のところ、脂肪溶解注射では重い副作用が出たというのは聞いたことがありません。

私の周囲(知人)で安全性を気にしている方はだいたいが脂肪吸引と間違えているかごちゃまぜになっていることが多いです。

※ただ、一般的には直接吸引してしまう脂肪吸引の方が1回での効果は感じるかと思われます。また、メソセラピーは安全性は高いですが効果はゆっくり緩やかです。

このページのトップへ