脂肪吸引との違い

脂肪吸引との違い

最近は少なくなってきましたが、以前は脂肪溶解注射と聞くとその名称のせいか脂肪吸引と勘違いしていると思われる方が当サイト(このページの執筆者)の周囲には稀におりました。

そのため、脂肪吸引でのリスクとメソセラピーがごちゃまぜになってしまっている場合もあったのです。

もちろん、最近はメソセラピーの認知度も高く人気もある施術ですのでそのようなことは少ないですがここでは、脂肪溶解注射(メソセラピー)と脂肪吸引の違いを簡単に説明いたします。

※詳細は各クリニックのメニューや説明コンテンツなどでもご確認下さい。

脂肪溶解注射(メソセラピー)と脂肪吸引の違い

メソセラピーはトップページやその他(安全性についてのページも参照下さい)で書いているように、メスを使用しません。

つまり手術ではないです。また、主成分は安全な薬剤(大豆由来)を使用しますし体への負担が少ないという特徴もあります。

そのため、日常生活にはほとんど影響は出ません。(腫れや内出血が出る場合はありますが時間の経過とともに消失します)

ただ、その効果については1回の治療では感じにくく、繰り返し治療をする必要があります。効果はゆっくりゆるやかに出てくるというイメージです。

脂肪吸引は1回の治療で効果が出ます。効果がゆっくり出る脂肪溶解注射とは違います。そして基本的には直接行う手術です。施術時間もメソセラピーと比較すれば長いです。

まずこれらの点が違います。

また、脂肪吸引のデメリットとしては痛みが出る場合がありますし体への負担も大きいと言われています。

脂肪溶解注射と違いダウンタイムも当然長くなります。

安全性についても脂肪溶解注射と比較するとリスクはあります。事故が報告されることもある手術ですのでより経験豊富で実績のある医師を選ぶ必要があると言えるでしょう。

ドクターの技術により変化する可能性があると言われているからです。

[簡単な比較]

脂肪溶解注射メソセラピー・・・体への負担が少ない、効果がゆるやか、手術ではない、安全性が高い、ダウンタイム少ない・ほぼない、1回の費用はリーズナブル、手軽

脂肪吸引・・・体への負担がある、1回で効果が出る(即効性)、手術、技術の差が出やすい、事故の報告もたまにある、ダウンタイム長い、費用は高めだが回数を考えるとメソセラピーより優れる

まとめ

最初にも書きましたが、当サイトの周囲では脂肪溶解注射と脂肪吸引が同じものだと思っている方が稀にいました。最近は少ないようですがその名称からかそういった方がたまにいると聞きます。

ただ、やはりメソセラピーと吸引は全くの別物です。

直接吸引(手術)するので1回での効果については脂肪吸引の方が出るかと思いますが、ダウンタイムが長かったり体への負担などはより大きいです。

逆に脂肪溶解注射は体への負担が少ない治療です。

いずれもメリットとデメリットがあるのですが、脂肪溶解注射はデメリットが少ないという印象です。

手術に抵抗がなく1回で得られる効果だけを考えれば吸引が良いかとは思いますが、身体への負担をなるべく少なくしたい、日常生活への影響もなるべく少なくしたいならメソセラピーが良いでしょう。

また、脂肪はそれほど付いていない(吸引するほど付いていないなど)がもう少し部分的に減らしたいといった方もメソセラピーが向いていると言われています。

※繰り返しになりますが、脂肪吸引は事故の報告もある手術ですので施術を考えている場合は事前に経験豊富で実績のある医師、病院をじっくり選ぶことをおすすめします。

また、当サイトは脂肪溶解注射(メソセラピー)専門の情報サイトですので脂肪吸引についての具体的な情報は、各病院・クリニックの公式サイトや解説HPなどでご確認下さい。

美容外科クリニック検索はこちら

このページのトップへ